意外と知られていない貸し会議室の基本

会社を経営しているものの売り上げ規模が小さい場合や、今から新しい事業を始めようとする場合には、業務の拠点となるオフィスの賃料は馬鹿にならない経費となります。
自分一人だけで仕事をするだけなら、マンションなどの一室を借りるだけで十分です。しかし、何人もの人を雇っている場合には社員同士で打ち合わせを行うスペースを確保する必要があり、打ち合わせ用の机やホワイトボードなどの設備も必要になります。
さらに、取引先の人との打ち合わせを行う可能性があるなら、そのような外部の人との打ち合わせができる会議スペースを確保する必要も生じます。しかし、このようなスペースを確保するだけのために、オフィスの面積が2倍、3倍にもなってしまうと、賃料負担がかなり大きくなってしまいます。

一時的な会議・打ち合わせを行うなら貸し会議室の利用がおすすめ

社内の打ち合わせや外部との会議の頻度がそれほど多くないのであれば、それだけのために打ち合わせスペースを保有するのは、お金がもったいないです。その場合には、貸し会議室の利用を検討してみましょう。
貸し会議室とは、ビルなどのオーナーが、その一室を、企業や団体向けに会議室として一時的に提供するものであり、レンタル会議室とも呼ばれます。
一般的なレンタル会議室には、会議や打ち合わせを行うために必要な備品が一通り揃っています。例えば、机、いす、ホワイトボードなどはもちろんのこと、大きな会議室であれば、マイクやスピーカー、モニターなどが装備されているところもあります。
急に大勢の人数で会議を行うことが必要なった場合に、レンタル会議室があれば安心です。そのようなスペースや設備などを自前で保有していなくてもよいため、普段の経費を抑えることができます。

会議以外にもさまざまな用途にも変える

レンタル会議室は、その名の通り、一般には会議や打ち合わせに適したスペースではあります。しかし、必ずしも、すべての会議室がそのような利用に特化している、というわけではありません。
例えば、一部のレンタル会議室では、飲み物や食べ物などのケータリングの注文を受け付けているところがあります。これは、外部との打ち合わせや研修などを行う際に、参加している人たちに対してコーヒーやお茶などを出す場合に便利なサービスです。
このケータリングサービスを利用すれば、打ち合わせや研修が終了した後に、食べ物やアルコール類の配達を依頼することで、参加者同士の懇親会を行うことができます。さらに、懇親会にも限られず、最初から、記念パーティーなどのイベントを行うことも可能です。