初めてでも安心☆医療用ウィッグ購入サイト

top > 医療用ウィッグについて > がんの発症と医療用のウィッグに関して

がんの発症と医療用のウィッグに関して

 日本のがん患者は右肩上がりに増えていて、約二人に一人が将来的にがんになると予想されています。
これだけを見ると悲観的な数字のようですが、がんの治療は格段に進歩を遂げています。
三十年前に比べると五年生存率も上がっていますし、助かる可能性も上がっています。
その一方で、割けることが出来ないのが抗がん剤の副作用ではないでしょうか。
嘔吐に下痢、更には骨髄抑制に食欲不振に悩まされる患者が多いと聞きます。
そして、忘れてはならないのが脱毛ではないでしょうか。
治療が終わると髪の毛は生えてくるのですが、やはり精神的なショックは経験をした人でないと分かりません。
外出をするのが億劫になりますし、闘病に対するモチベーションが保てなくなってしまいます。
生存率との関連性も指摘されていますし、解決するべき問題と言えます。

 そこで注目を集めているのが、医療用のウィッグではないでしょうか。
かつらと違って着脱が簡単ですし、おしゃれアイテムとしても注目されています。
外出する時だけつけることが出来るので、蒸れることを気にする必要がありません。
安い医療用のウィッグであれば一万円以内で購入することが出来ますし、医療機関によっては貸し出しも可能となっています。
闘病をする上で最も重要なことは、QOLをどうやって維持するかどうかです。
通常の生活を続けつつ、がんの治療が出切れば治癒に繋がるのではないでしょうか。
ウィッグによって気持ちが前向きになれれば、がんの生存率はまだまだ良くなるはずです。
手術や放射線の進歩も著しいですし、がんが完全になくなる日も遠くはないのではないでしょうか。
ウィッグのメーカーも心血を注いでいます。

 もちろん、精神的な病で髪の毛が抜けてしまう場合もあります。
円形脱毛症に悩む方は増えていますし、それが原因で学校や職場に通えないケースもあります。
そんな時に医療用のウィッグがあれば、安心して通うことが出来るのではないでしょうか。
日本においても小児がんを患う子どもが増えていますが、小児がんはかなりの確率で治ると言われています。
ただ、子どもの脱毛は心ない言葉を投げられるケースがあります。
イジメの要因になることがありますし、頭髪に関するケアを怠ってはいけません。
医療用のウィッグを用意しておくと、心のケアを行うことが出来るのではないでしょうか。
明るく学校に通うことが出来ると、病気と対峙する気持ちが強くなるのではないでしょうか。
ウィッグをつけると、コンプレックスがなくなります。

次の記事へ

MENU