初めてでも安心☆医療用ウィッグ購入サイト

top > 医療用ウィッグについて > 医療用ウィッグについての基本的な知識

医療用ウィッグについての基本的な知識

 ウィッグというと、ファッションのために着けるというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、医療用ウィッグと呼ばれるものもあります。
この医療用ウィッグというのは、がん治療などの病気治療や円形脱毛症などによって髪が抜けてしまった場合に使うものです。
ファッション用のものがオシャレのために使用されるのに対し、医療用のものは自分の髪の代わりになるものとして使用するという違いがあると言えるでしょう。
なので、医療用ウィッグは、ファッション用のものとは違う点があります。
まず一番の違いは、医療用のものは人毛(人間の髪の毛)が使われていることが多いということであり、見た目がとても自然です。
そして医療用のものは、直接頭皮に触れる場合が多いため、装着感や通気性に配慮された作りになっているという特徴があります。

 医療用ウィッグの素材には、人毛が使われている場合が多いと言えますが、その他にも人工毛や、人毛・人工毛をミックスしたものがあります。
まず人毛が100%使われている場合は、最も高価になりますが、見た目がとても自然であり、人間の髪と同じようにシャンプーやカラー、パーマなども可能です。
なので見た目や機能性を重視する場合は、人毛を選ぶとよいでしょう。
次に人工毛100%の場合は、カラーやパーマ等は出来ませんが、初めから自分の好きなスタイルのものを選んでおけば、状態をそのまま維持することができますし、価格が比較的安いのがメリットです。
さらにミックスは、人毛と人工毛の中間的な性質をもったものであり、スタイリングを維持しやすく、人工毛100%の場合よりも自然に見えるという特徴があると言えるでしょう。

 実際に医療用ウィッグを購入したいと思っても、いったどこで手に入れたらいいのか分からないという方も多いでしょう。
病気治療によって髪が抜けてしまう場合は、病院から紹介してもらえるケースもありますが、どの病院でも行っているわけではないため、自分で探さなければならないというケースもあります。
ヘアサロンに関しては、どこでも医療用ウィッグが購入できるというわけではないため、事前に取り扱いを行っているサロンを探す必要があるでしょう。
そして取り扱いを行っているサロンであれば、試着することが可能ですし、購入した後にカラーやカットといったスタイリングまで行ってくれるところもあります。
また、サロンを利用する際に他の客の目が気になるという場合は、個室を利用することが出来るかどうかといったことを事前に確認しておくとよいでしょう。

次の記事へ

MENU